●STORES出品始めました●楽天ペイ、PayPayも利用可!

【ホロスコープ・シナストリー】良きビジネスパートナー、太陽同士(太陽と太陽)の相性

ソフトアスペクト:価値観が似ているポジティブな関係

ここでいうソフトアスペクトはコンジャンクション(合・0度)、オポジション(180度)、トライン(120度)、セクスタイル(60度)となります

人生の目的や社会的な顔を表す太陽。

この太陽同士がソフトアスペクトを組んでいる場合、お互いに考え方が似ていると感じるので、出会ってすぐに仲良くなれます。初対面でも親しみを持って接することができるでしょう。

例えば、仕事に対しての取り組み方や今後どんな風に生きていきたいかなど、自分の人生の目的や指標に対して理解を示してくれたり、GOサインを出して応援してくれたりと大変ポジティブな関係です。

価値観も似ているので、仕事や友人関係においても自分の考えを認めてくれる相棒のような存在になるでしょう。深い仲が築けます。

お互いが協力すればよりよい成果が出せるので、チームプレーや共同事業にも向いています。意見もスムーズに伝えることができるでしょう。

太陽と太陽の場合、オポジション(180度)のアスペクトも悪くありません

太陽同士のシナストリーでは、ハードアスペクトと言われるオポジション(180度)も悪くありません。
お互いに全く異なる性質を持つので惹き合いが強くなります。

初めて出会った時から、気になる相手として注目してしまうでしょう。

ただ、お互いの自我が対峙している位置関係なので、ライバルになる可能性も。
このアスペクトを良い方向に使うことができれば、お互いに向上し合える良い関係が築けるでしょう。

ハードアスペクト:お互いの考えを理解できない関係

ここでいうハードアスペクトはスクエア(90度)、クインカンクス(150度)となります

太陽同士がハードアスペクトだと、お互いに気になっているのにどうも波長が合わない、というようなもどかしい関係となります。

「いけ好かない相手」というイメージを抱きやすく、特にスクエアは、自分のやりたいこと(またはお相手のやりたいこと)に対して不信感を抱いてしまいやすいでしょう。

例えば、友人の仕事に対する姿勢が理解できなかったり(自分は仕事にやりがいを求めているのに、友人はお金さえ貰えればいいと考えている、といったように)。

本来であればお互いの価値観を受け入れることが望ましいですが、このアスペクトがあると価値観の対立が起こりやすくなり、共同作業も時間がかかりやすいです。

友人関係や仕事関係であればまだ許せることもありますが、これが恋愛・結婚となると一緒にいる期間が多くなるため、頻繁に妥協が必要となるでしょう。
お互いに違う人間であることを受け入れていかないと、後々口論になったり、衝突する危険性があります。

ただし、お互いに学びの多い関係であることは間違いありません。
一緒にいると新たな価値観に触れられますし、気付きが得られます。

シナストリーでこのアスペクトがある場合は、
「こういう考え方もある」と新たな価値観を受け入れるとよりよい関係となるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました