●STORES出品始めました●楽天ペイ、PayPayも利用可!

【ホロスコープ・シナストリー】深い愛情と独占欲?金星と冥王星の相性

👆客観的に相性を見て欲しいという方はこちらの相性診断メニューもご検討ください

ソフトアスペクト:ヘビーな愛を注ぎ合う関係

ここでいうソフトアスペクトはコンジャンクション(合・0度)、トライン(120度)、セクスタイル(60度)となります

シナストリーで金星と冥王星がソフトアスペクトを取ると、金星側が冥王星側に吸い込まれるように惹かれていくでしょう。冥王星側は金星側の心をとらえて離しません。決してライトな関係ではなく、とても深くて重みのある関係となります。
冥王星は「破壊と再生」を意味するほどのパワーを持っているので、金星側は抗うことすらできずに冥王星側に愛情(またはカリスマ的な憧れ)を抱くことになるでしょう。

このアスペクトは、金星×海王星や金星×火星とのアスペクトで意味されるような「ロマンティック」で「情熱的」な恋愛とは違うかもしれません。情熱はありますが、「情念」「情欲」と言った方が正しいでしょう。愛情が深いあまり、執着に似た感情が生まれやすいです。

嫉妬や独占欲が絡むような、一筋縄ではいかない恋愛になることも。大きな幸せと大きな波乱と、両極端な出来事を味わうかもしれません。人生の中で非常にインパクトのある経験となるはずです。

特にコンジャンクション(合)やオーブが狭い場合は「こんなにぞっこんになった人はいない」という程に夢中になる恋愛をすることになるでしょう。
ソフトアスペクトの場合は穏やかに出ますので、少々やきもち焼きになったり何かと干渉してしまうかもしれません。

一方で冥王星側は金星側の愛情に慣れてしまい、愛情を受けるのが当たり前の感覚になってしまうでしょう。しかし冥王星が金星側に与える愛情や恩恵もとても大きいので、金星側は一緒にいることで人生に彩りが添えられるでしょう。この冥王星のパワーは恋愛関係に関わらず、いかなる関係性においても発揮されます。

ハードアスペクト:生活に支障が出る?過剰に愛情を注いでしまう関係

ここでいうハードアスペクトはオポジション(180度)、スクエア(90度)、クインカンクス(150度)となります

シナストリーで金星と冥王星がハードアスペクトを取ると、金星側の愛情が深すぎてパワーバランスが崩れがちな関係となります。

天体の影響力から言っても、冥王星側が主導権を握りやすいです。友人関係や仕事関係では、金星側が冥王星側に「敵わない相手」というイメージを抱きやすいでしょう。
恋愛関係では、金星側が冥王星側に振り向いてもらいたいがために必要以上に執着してしまったり、嫉妬心を募らせたりします。冥王星側ともっと親密になりたい(極端に出ると支配したいと感じる)のに、結局冥王星側に振り回されてしまう。金星側にとっては少々苦労のともなう恋愛となるでしょう。

周囲から反対されたとしても、冥王星側に愛情を向け続けます。それほどに惹かれてしまうアスペクトです。特にオーブの狭いオポジション(180度)、スクエア(90度)の場合は、どんなにいけない関係であっても断つことができないほどに、心を捕らわれてしまうでしょう。

この関係は金星側が精神的に疲労してしまいがちですが、その分大きな幸せも感じられます。冥王星側から受ける愛情や豊かさは、金星側にとって大きな恩恵であり学びとなるでしょう。色々な情念が混じり合った恋愛は、金星側を大きく成長させてくれます。ソフトアスペクト同様、人生で忘れられないお相手となることでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました