【シナストリー】火星と木星

スポンサーリンク

ソフトアスペクト:やる気や自信を与えてくれる、アクティブな関係

ここでいうソフトアスペクトはコンジャンクション(合・0度)、トライン(120度)、セクスタイル(60度)となります

シナストリーで火星と木星がソフトアスペクトを取ると、主に火星側のエネルギーが木星側によって拡大され、やる気や自信が与えられる関係です。
木星側は、火星が落ち込んでいる時や行き詰っている時に寛大な心で励まします。イベントや仕事など、火星側の活動の幅を広げるチャンスをもたらしてくれることもあるでしょう。
勇気付けられた火星はよりアグレッシブに活動できるようになり、そのアクティブさは木星側にも良い影響を与えます。一緒にいるとお互いに恩恵のある関係です。

仕事関係では木星側の計らいによって、大きな仕事が回ってきたり仕事の幅を広げることができるでしょう。社会的な発展を後押ししてくれます。火星のパワーが増大していくので、一緒にいるうちに大きな賭けにでたり、攻めた仕事の取り組み方になっていくかもしれません。

恋愛関係や結婚生活でも同様に、木星側の影響によって火星側の活動量が増えます。レジャーやスポーツなど一緒にアクティブな遊びを楽しむと、より親密な仲になれるでしょう。木星側は火星側のやりたいことを進んで応援してくれるので、何か身に付けたい資格やスキルがある場合、後押ししてくれるはずです。
また火星側が男性(または男性的な方)だった場合、木星側が男性性を底上げしてくれます。行動力や大胆さが増して、頼もしくさせてくれるでしょう。

性的な面でも木星側が楽しさや奔放さを与えてくれますので、お互いに満足できます。

スポンサーリンク

ハードアスペクト:衝突や、甘やかされて自信過剰に注意な関係

ここでいうハードアスペクトはオポジション(180度)、スクエア(90度)、クインカンクス(150度)となります

シナストリーで火星と木星がハードアスペクトを取ると、火星側のやりたいことに対して木星側が見当違いなサポートをしてしまったりすれ違いが起こりやすい関係となります。
火星側は木星側の言動を「余計なお世話」と思ったり、自分のやりたいことを阻害してくると感じたりするでしょう。木星側が火星側の目標を理解できず、いまいち応援できない場合も。

または、木星側が火星側を持ち上げてしまったばっかりに火星側が天狗になってしまうこともあるでしょう。自信過剰になって背伸びしてしまったり、無謀なチャレンジをして痛手を負うことも。
自信が持てるのは非常に素晴らしいことなのですが、行き過ぎると挫折を味わうことになります。特に仕事関係では注意したいアスペクトです。木星側は過大評価のし過ぎに注意した方が良いでしょう。

恋愛関係や夫婦関係でも、木星側が火星側をあまりに褒めたたえてしまうとパワーバランスが崩れてしまいます。火星側の自己顕示欲が悪い方向に発揮されるかもしれません。飴と鞭を使い分けることが大切でしょう。
性的な面ではソフトアスペクト同様、自由でスポーツ的な楽しさを感じられます。奔放過ぎてアブノーマルさが出てくるかもしれませんが、それも一興でしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました