●STORES出品始めました●楽天ペイ、PayPayも利用可!

【シナストリー】理想に向かって突き進む、火星と海王星の相性

ソフトアスペクト:理想を実現するための活力を与えてくれる関係

ここでいうソフトアスペクトはトライン(120度)、セクスタイル(60度)となります

シナストリーで火星と海王星がソフトアスペクトを取ると、海王星側がもたらす理想を火星側が実現しようとします。目標ができ、且つそれに向かって突き進むことができるのでエネルギッシュになれるでしょう。

海王星側は、火星側の行動に良い意味でブレーキをかけてくれます。火星は文字通り火のように勢いよく燃え上がる天体ですが、対して海王星は魚座の支配星で水の性質です。火は水によって打ち消されますから、火星に勢いがありすぎたりやり過ぎたりした時、いい具合に落ち着かせてくれるでしょう。
また海王星は曖昧さをあらわす天体なので、そこに火星側の勢いが混じり合うことにより海王星側のぼんやりしたイメージをはっきりとさせることができます。お互いに恩恵のある関係です。

友人関係では、理想に向かって何かに打ち込める二人となるでしょう。暴走気味になっても海王星側のストップが入るので思いとどまることができます。お互いに活力を与え合える相性です。

恋愛関係や夫婦関係でも同様に、海王星側の影響で火星側の世界が広がっていくでしょう。理想がふくらんでいくので、お互いに行動力が増し充実して過ごせます。
ただしこのアスペクトは火星と海王星の温度差が目立ちますので、恋愛モードになるには時間がかかるかもしれません。

ハードアスペクト:注意力が散漫に?すれ違いも多くストレスが心配な関係

ここでいうハードアスペクトはコンジャンクション(合・0度)、オポジション(180度)、スクエア(90度)、クインカンクス(150度)となります

シナストリーで火星と海王星がハードアスペクトを取ると、火星側が行動しようとした時に海王星側が目標を曖昧にし、中途半端にさせる関係となります。または、火星側が暴走し過ぎて収拾がつかなくなるということも。

このアスペクトがある場合、タイミングが合わないことが多いです。仕事、恋愛、結婚生活など、いかなる関係性においてもすれ違いを感じさせるでしょう。一方が忙しいときに一方が連絡をしてきたり、夜の関係でも温度差が生まれやすいかもしれません。

海王星はつかみどころが無くフワフワとしているので、お互いのタイミングも上手く合わせることが難しいでしょう。火星はとにかく勢いがあるので、火星側が突き進んでいったときに海王星側にスルーされたりなど、振り回されることが多い関係です。

恋愛関係では、お互いすれ違いによるストレスに疲弊することが無いように注意です。相手をコントロールしようとすると逆効果ですので、無理なく少しずつお相手の距離感や気分をつかんでいくと良いでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました