【シナストリー】月と天王星

スポンサーリンク

ソフトアスペクト:個性が引き出され、新しい自分に出会える関係

ここでいうソフトアスペクトはトライン(120度)、セクスタイル(60度)となります

シナストリーで月と天王星がソフトアスペクトを取ると、主に月側の感情が天王星側によって刺激されます。天王星は独自性や発展、革新をあらわしますので、月側のオリジナリティを引き出して「新しい自分」に気付かせてくれる関係です。

天王星側といると普段とは違った気分にされてくれますから、リフレッシュには最適な相手となるでしょう。
どんな関係性においても刺激がありますが、特に友人関係では新しいことを試したくなったりとアグレッシブに活動できる関係となるでしょう。

天王星側はしばしば予想もしない行動に出たりします。それが月側にとって新鮮で面白みがある(場合によってはときめいたりする)のですが、度を超すと天王星の自由過ぎる行動に付いていけなくなる可能性が。
天王星側の変化によって月側の感情も常に変わり続けるので、落ち着きがありません。つかみどころがないのです。

常に安定を求める方にとっては、この相性は少々せわしないかもしれません。とはいえソフトアスペクトは影響も穏やかですので、適度な刺激を与え合う関係が築けるでしょう。

変化を求める方や「振り回されるのは嫌いじゃない」という方にとっては、魅力的なお相手です。

スポンサーリンク

ハードアスペクト:振り回されて心が大忙し?刺激的な関係

ここでいうハードアスペクトはコンジャンクション(合・0度)、オポジション(180度)、スクエア(90度)、クインカンクス(150度)となります

シナストリーで月と天王星がハードアスペクトを取ると、月側の感情がソフトアスペクトより大きく揺り動かされます。
天王星側の奇想天外な言動によって月側が違和感を覚えやすい関係です。

月側は天王星側が何を考えているかわからず振り回されていると感じたり、怒りや悲しみ、色々な感情が入り乱れて不安定になることがあるでしょう。
気分によって感情が変わってしまうので、好きなのに嫌いと言ってしまったり、あまのじゃくな態度を取ってしまうことも。
天王星側はソフトアスペクトと同様刺激を与えてくれる相手ではあるのですが、ハードアスペクトですと少々影響が色濃く出ます。

ただ天王星側の刺激によって月側は感情の振れ幅が非常に大きくなるので、日頃気付かなかった自分の内面に気付くことになるかもしれません。そういう意味では新たな発見を与えてくれる相手となるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました