●STORES出品始めました●楽天ペイ、PayPayも利用可!

【ホロスコープ・シナストリー】恋愛にも最適な太陽と金星の相性

ソフトアスペクト:喜びと愛情が感じられる関係

ここでいうソフトアスペクトはコンジャンクション(合・0度)、トライン(120度)、セクスタイル(60度)となります

美や愛情、楽しさ、お金をあらわす金星。このアスペクトがあると、一緒にいると楽しくて幸せを感じられます。時間があっという間に過ぎてしまう「仲良し相性」です。

お互いに好意的な印象を抱くので、親しくなるのも早いです。友人関係でも、いつも笑い合えるような楽しい関係が築けるでしょう。

恋愛関係では(相互作用がありますが)どちらかというと太陽側が金星側を惹きつけると言われています。太陽側は金星側にとって好みの(あるいは憧れの)タイプとなりやすいです。
太陽側がキラキラ輝いて見えて、金星側はときめきを感じるでしょう。

ただ、金星は「受け身の天体」と言われていますので、恋愛関係において親密になるには少し時間がかかるかもしれません。
それでも一度お付き合いに発展すれば、ほのぼのとした愛情を与え合うカップルとして楽しい恋愛ができるでしょう。

金星は愛情をあらわすので、金星側は太陽側に愛情を惜しまず与えてくれます。夫婦関係においてこのアスペクトがあれば、いつまでも楽しく愛情にあふれた関係でいられるでしょう。
金星側が旦那様だとすれば、結婚してからもずっと奥様に対してときめきが感じられる、理想的な夫婦になります。

太陽側は太陽側で、金星側からの愛情を受けることで自信がつきます。
金星側に対して見守るような目線になり、かわいがってつい世話を焼きたくなるでしょう。

お互いに愛情を感じられる穏やかな相性となります。

ハードアスペクト:あまのじゃくな関係 享楽的になってしまうことも?

ここでいうハードアスペクトはオポジション(180度)、スクエア(90度)、クインカンクス(150度)となります

太陽と金星がハードアスペクトの場合「愛情がスムーズに表現できない」「楽しさが行き過ぎる」という意味合いになります。
お互いに好意があるのに素直になれず、あまのじゃくな態度をとりがちです。

憧れの気持ちが強いあまり、なかなか距離を縮められないということもあります。
あるいは愛情が行き過ぎるあまり、独占欲や嫉妬心に駆られてしまうこともあるでしょう。

このアスペクトが極端に出てしまうと、ツンデレでどこかこじらせている関係になりやすいです。

金星はお金や楽しみもあらわすので、このアスペクトの相性があるお相手とは贅沢をしすぎる可能性も。お財布のひもは固くしておきましょう。

基本的に楽しみがオーバーになる相性なので、何事も好き放題やりすぎてしまう、という感覚です。
一緒にいて楽しいお相手であることは確かなのですが、お互いに甘やかしてしまうため、怠けになってしまわないよう注意が必要でしょう。

恋愛関係においては、誘惑に負けて身体だけの関係だけになってしまったり、享楽にふけってしまわないことも大切です。
自分の意志が弱くなっていると感じたら、周りの意見も積極的に取り入れましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました