●STORES出品始めました●楽天ペイ、PayPayも利用可!

【ホロスコープ・シナストリー】テンポの良い会話、水星と火星の相性

ソフトアスペクト:励ましに助けられる、会話に活気が生まれる関係

ここでいうソフトアスペクトはトライン(120度)、セクスタイル(60度)となります

シナストリーで水星と火星がソフトアスペクトを取ると、火星側のエネルギーによって会話に活気が生まれる関係です。

会話をしてすぐに、お互い馬が合うのを感じて話が盛り上がるでしょう。テンションが高くなり自然と会話のテンポも上がっていきます。
水星側は火星側とのコミュニケーションの中で新しいアイディアを思いつき、自分の知的好奇心が高まっていくのを感じるでしょう。

仕事関係でこのアスペクトがあると、提案をしてから行動に移すスピードが速くなり早くに成果が出せるかもしれません。ビジネスパートナーには理想的なアスペクトです。
また、悩んでいるときはこのアスペクトを取るお相手といれば力強い励ましが得られます。友人関係にもあったら嬉しいアスペクトです。楽しい付き合いができるでしょう。

ただし火星は攻撃や闘争心もあらわしますので、時には喧嘩に発展する場合も。会話が盛り上がるあまり、議論も白熱してしまいがちです。だとしてもソフトアスペクトなので長引きはしません。水星側が火星側のパワーや煽りを冷静に処理することで火星側も理性的に行動できるようになり、バランスの良い関係となるでしょう。
恋愛関係や夫婦関係でも、喧嘩してもケロッと仲直りするような基本的に仲良しな関係が築けるはずです。

ハードアスペクト:意見が食い違い衝突。口喧嘩が多発な関係

ここでいうハードアスペクトはコンジャンクション(合・0度)、オポジション(180度)、スクエア(90度)、クインカンクス(150度)となります

シナストリーで水星と火星がハードアスペクトを取ると、火星側の勢いが水星側に制御できず、衝突が多くなる関係となります。

エネルギッシュで衝動的な火星に対して理性的に行動する水星。お互いが相反する行動パターンのため理解しづらく、いらいらしてしまうことが多いでしょう。
特に火星側が攻撃的なので、水星側が火星側の言動に対してイラっとすることが多くなります。水星側が異論を唱えれば火星側も反抗してきますので、さらにヒートアップ。口論や大ゲンカになりかねません。水星側が感情を冷静にコントロールすることが大切です。

このアスペクトは、仕事関係で注意したいアスペクトでもあります。相手の言っていることが嫌味や挑発に思えて、お互いにライバル意識を抱いてしまいます。このライバル意識を自分の向上心に変えていければ、かなりのエネルギーが発揮できます。口論に発展しがちな相性ですので「仕事上での付き合い」という明確な線引きが必要でしょう。

恋愛関係や夫婦関係でも同様に、お互いちょっとした言動が癇に障り喧嘩に発展しやすいです。挑発に乗らずに、いったん冷静になることを念頭に置いて接すると良いでしょう。話し合いでもお相手の意見をしっかりと受け入れてから自分の意見を主張するなど、トラブルを避ける工夫が必要です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました