●STORES出品始めました●楽天ペイ、PayPayも利用可!

【ホロスコープ・シナストリー】まるで二人の世界、月と海王星の相性

ソフトアスペクト:ロマンチックで感情を分かち合える関係

ここでいうソフトアスペクトはコンジャンクション(合・0度)、トライン(120度)、セクスタイル(60度)となります

シナストリーで月と海王星がソフトアスペクトを取ると、主に月側が海王星側に不思議な魅力を感じて惹きつけられるでしょう。自分の心に違和感なく入り込んでくるので、月側は海王星側に対して信頼感を抱きます。人に言いにくい悩み事もこの人には言えてしまう、というような関係性になりやすいでしょう。

海王星は直感や空想をあらわすような繊細な星なので、感情をあらわす月とはそもそもの相性が良いです。ソフトアスペクトだとより親和性が高まるでしょう。

恋愛関係でこのアスペクトがあると、ロマンチックで理想的な恋愛ができるでしょう。お相手が海王星側ならば、甘い雰囲気で楽しませてくれるはずです。海王星は魔法にかけられたような感覚にさせるので、魔法が解けてしまうと甘さが控えめになるかもしれませんが、基本的にラブラブな関係が築けます。

友人関係でも同様に楽しめる関係です。お互いに悩み事も相談しやすく、特に月側が海王星側からひらめきを得ることが多いでしょう。アートや音楽など芸術的なことも一緒に楽しめそうです。

仕事関係では、実務的なお仕事にはなかなか活かされにくいアスペクトです。一緒にいると内容が曖昧になったり、理性ではなく直感で物事を決定してしまったりとミスに繋がる可能性が。もちろん、他のアスペクトの状態が良ければこの限りではありません。

ハードアスペクト:よくわからないのに離れがたい、曖昧になりやすい関係

ここでいうハードアスペクトはオポジション(180度)、スクエア(90度)、クインカンクス(150度)となります

シナストリーで月と海王星がハードアスペクトを取ると、主に月側が海王星側を「なんだかよくわからない、とらえどころのない人」と思いがちな関係です。海王星側の不思議なオーラに圧倒され、月側はなんとなく惹かれていくのです。

海王星は曖昧さという意味合いもあるので、月側は「惹かれるのにこの人のことがよくわからない」と混乱してしまいます。

恋愛関係でこのアスペクトがあると「(海王星側の)気持ちがわからない」「別れたいのか別れたくないのかわからない」という感情を抱きがちになります。それなのに、なかなか離れられない。なあなあでお付き合いを続けてしまうことも。
また、周りは反対しているのに本人には魅力的に見えて仕方ない、というケースもあります。
お互いが幸せであれば問題ないのですが、関係を断ち切りたいと思った場合やっかいなアスペクトかもしれません。

友人関係でも「好き嫌いは別として、気付いたら長い付き合いになっていた」という関係になりがちです。また理想だけで行動して、少々やりすぎてしまうこともあるかもしれません。楽しめる関係ではありますが、やはり月側が海王星側のカオスに付き合わされる場合が多いでしょう。

仕事関係はソフトアスペクトと同様、確認を怠りがちになったりミスに繋がる言動が増えます。お互いに「なんとかなる」という精神で取り組んでしまう為、注意力が散漫にならないように注意が必要です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました